文書添削コースの紹介

文書添削コース

文書添削コースのご紹介

実務経験が豊富な添削者陣による丁寧な指導を行います。最新技術や動向が変化しても、日本語の文章力は恒久的に使える技術です。

こんな課題をお持ちではありませんか?

  • 上司やトレーナーが文章の添削に割ける時間が取れない。
  • 現場で文書作成の指導ができる人がいない。
  • 若年層の文章力が低下しており、文書作成を任せるのに不安がある。

eラーニングで文章力を鍛える!
ビジネス文書作成トレーニング【文書添削】をお薦めします!

コース名 文章力を鍛える! ビジネス文書作成トレーニング【文書添削】
コースコード UAF01B
期間 28週間
文書添削コースのポイント
1 ビジネスシーンを想定した演習課題に取り組み、報告書や議事録を作成します。添削を受けるなど疑似的な体験を積み重ねることで、文書作成能力が着実に向上します。
2 管理職経験者やライター経験者を含む、実務経験が豊富な添削者陣が丁寧に添削します。
3 eラーニングは文書作成のポイントを30原則で簡潔に説明しています。配属後のOJTにも活用可能です。
文書添削コースの流れ

学びのサイクルをとおして一人ひとりの自己成長を支援します。

1. 自己学習
(eラーニング)
① eラーニングで、ビジネス文書の基本を自己学習。 1. 自己学習(eラーニング)
2. 課題による疑似体験
(文書作成)

② ビジネスシーンを想定した演習課題に取り組み、文書作成を実践。 課題1新商品発表会の参加報告書 課題2顧客訪問時の営業同行報告書 課題3会議の議事録 課題4トラブル報告書 課題5プロジェクトの進捗報告書(週報) 課題6業務経験をまとめた成果報告会の論文

  • STEP1:全体説明と指示書、補助資料を確認主人公の「あなた」になって課題に取り組みます。
  • STEP2:商品説明会や会議に疑似的に参加
    指示文(上司や先輩からの指示)に従い、文書を作成します。
2. 課題による疑似体験(文書作成)
3. 自己チェック
(振返り+修正)
③セルフチェックシートに基づいて自己チェックを行い、ブラッシュアップ。
作成した文書を提出する前に、まず自分でチェックする習慣を身につけます。
3. 自己チェック(振返り+修正)
4.他者チェック
(文書添削)
④課題の添削結果を確認します。
文書作成の30原則に基づいて、修正すべき点を添削者が個別に指導します。
例)原則1 主語、目的語、補語を明確にする
4.他者チェック(文書添削)
5. 自己学習
(eラーニング)
⑤添削結果に基づいて、eラーニングの必要な項目を自己学習。
問いかけを自分自身で考えてから、改善例を確認し、理解を深めます。
5. 自己学習(eラーニング)
トップに戻る