新入社員研修の取り組み

「育てる」ことにフォーカスした取り組み

能力の3要素を育てる取り組み

知識・スキル

知識・スキル

自然な流れの人物像別カリキュラムで、知識・スキルを積み上げます。社会人としての自覚を定着させるマインドチェンジといった個人的な部分から、IT基礎知識の習得などグループで行う研修、さらに組織で働くイロハやお客様起点の理解など組織に関する知識を身につけ、配属に向けた総仕上げを行っていきます。

ITプロフェッショナル(アプリケーション開発) ITプロフェッショナル(システム基盤)
基本技術と動作を身につけ、エンジニアとして自立を目指します。 ITプロフェッショナル(システム基盤) システム基盤の工程だけではなく全体像を理解し、構築ができるエンジニアを目指します。
ITソリューションセールス 情報システム部門配属者
ITソリューションのベーススキルを備えた人材を目指します。 情報システム部門配属者 情報システム面から業務をリードできる人材を目指します。
思考・行動

実際に業務を体験することでコツを掴み、その経験を活かして自分で挑戦していくための支援を実践しています。まずはグループで一緒に取り組み、上手な人をまねるなどのハンズオン(手を触れる)からスタート。やがて「滞り」や「失敗」などを繰り返し、個人としての経験値を蓄積することで、前進するコツを掴みます。そしてこれまでの経験値を活かして自分でやりとげることで「成功」を体験させ、自信をつけていきます。

富士通ラーニングメディアの講師や事務局は、受講者の思考や行動などの変化を見守りながらより良い経験値を積めるようなアドバイスや課題を与えていきます。そして受講者が自力で進められるよう、困難な場面も最良の会得の場に替えて支援します。

動機

新入社員研修では、学生から社会人への意識改革を行っていきます。まず、この新入社員研修自体も「受講」と捉えるのではなく、業務の一部と意識させます。講師もただの先生ではなく上司や先輩として関わり、教わる立場を理解させていくのです。やがて仕事をする意味や価値などにつなげていき、目指す人物像を具体化、プロフェッショナルとして成長を続ける人材へと成長させていきます。

成長を促す取り組み

成長を促す取り組み

富士通ラーニングメディアでは、各コースでさまざまな成長を促す取り組みを実施しています。

スピーチトレーニング ビジネススキルトレーニング
規定時間内に、自分の考えや意見を相手にわかりやすく伝えるトレーニングです。ビジネスシーンにおける立ち振る舞いや、人前で話す時の言葉遣いなどを意識しながら実施します。 ビジネススキルトレーニング マナーやコミュニケーションなど、ビジネスパーソンの基本動作の会得を目的とします。研修で学んだスキルを使い、ケースに応じたトレーニングを実践します。
KPTによる振り返り リフレクションレビュー
研修で行った作業の改善活動です。グループで継続すること(Keep)、課題(Problem)、改善への取り組み(Try)について日々話し合います。 リフレクションレビュー 実務として活用できるレベルの知識定着を目的とし、重点的に行っている学習項目を自分の言葉で解説できるよう訓練します。聞く側も解説に対する意見を述べることで、相互理解を深めます。
電子教材 ビジネススキルチェック
電子教材コースでは、教材の一部を電子ファイル(PDF)化しています。電子教材は検索性がよく、タブレットで手軽に持ち運ぶことができ、エコロジーの観点でもメリットです。自宅等での復習にも役立ちます。 ビジネススキルチェック 研修開始時と終了時に「ビジネススキルチェックシート」で自己スキルを評価し、受講前後を比較して成長度合いを確認します。終了時のチェックで不安が残るスキルについては、明確な達成目標に向けて繰り返し学習を行います。

受講者の成長を把握する

受講者の成長を把握する

企業の担当者にとって、自社の新入社員の成長を把握することは重要と捉え、富士通ラーニングメディアでは、研修中でも新入社員の様子を確認いただける様々な取り組みを実施しています。

日報

受講者は毎夕、Webシステムで「新人研修日報」を入力します。受講者の成果や所感を育成ご担当者様が毎日ご確認いただけます。

個人カルテ

理解度テストやスキル測定の結果、講師による評価コメントを視覚的にまとめたものです。受講者1人ひとりに発行します。
※個人カルテ発行条件については、各コース概要のページをご確認ください

理解度テスト

コース終了時にテストを実施し、知識の定着度を測定します。一部のコースでは研修の前後にテストを実施し、スキルの伸びを確認します。

成果発表会

受講者が研修の成果を発表する機会。受講者の成長した姿をご覧いただけます。受講者自信で発表資料を作成し、発表方法を考え、研修の成果をプレゼンテーションします。

受講管理システム

育成ご担当者様は専用のWebシステムで受講状況をリアルタイムに閲覧できます。また、受講実績データは、ダウンロードしてお役立てください。
※CSV形式(日報のみPDF形式)
<Webシステムの主な機能>

タイムカード 出勤・退勤の時刻が確認できます。
日報 受講者の日々の成果や所感が確認できます。育成ご担当者様から受講者へコメントを入力できます。受講者のフォローアップに活用できます。
理解度テスト 学習内容の理解度を測定するテストの結果が確認できます。
※理解度テストを実施しないコースもあります。
受講報告書 各コースの終了時に、育成ご担当者様宛てに提出します。コース全体の成果や気づきが確認できます。
掲示板 育成ご担当者様と受講者で文字コミュニケーションができます。一対一や一対多で閉じた環境のため、安心して利用できます。

ライブ配信コースの取り組み

ライブ配信コースの取り組み

新型コロナウイルス感染症の拡大により、「ニューノーマル」と呼ばれる新しい時代に突入しました。

当社では、新しい時代の様々なお客様の様々な価値観やご要望にお応えするため、『集合研修と同等の内容を、自宅でも、オフィスの自席でも』をコンセプトに、ライブ配信コースを大幅に拡充し、新入社員研修においても、集合研修と同等の内容をライブ配信で提供いたします。

全国どこからでも受講可能

北海道から沖縄まで、講習会会場へ移動することなく受講できるので、交通費や宿泊費はもちろん、
移動にかかる時間も節約できます。

集合研修と同じようなコミュニケーションが可能

講師の講義を聞くだけでなく、疑問点などあれば、その場でマイクやチャットで質問するなど、
コミュニケーションを取りながらご受講いただけます。また、演習や実習も集合研修と同様に実施します。

Webから受講状況を確認できる

育成担当者様にもWebにログインいただき、受講者の研修状況をタイムリーにご確認頂けます。
※事前にご予約ください。

研修機器を提供します

ライブ配信コースをお申込いただいたお客様には、研修会場と同じ環境のPCを提供するため、
研修の環境設定は不要です。

※ネットワーク環境はご用意ください。 
※研修機器は申込者宛に発送いたします。
※受講者には、一人1台、研修用PCを該当コース受講期間中貸与します。

自分のペースで予習・復習ができる

あらかじめ、実習環境が整ったPCが受講者の手元にあるため、リラックスした環境で、
自身の都合のいいタイミングに予習・復習ができます。

  • ライブコースにお申込みいただく際には「ライブコース「研修機器」貸し出し」について事前にこちらでご確認願います。
              
  • ライブコース一覧はこちらでご確認頂けます。

              
          

学習支援スマートフォンアプリでさくっとレッスン

学習支援スマートフォンアプリでさくっとレッスン

さくっとレッスン-Java-は、Javaの基礎知識習得を目的とした、スマートフォン用の学習支援アプリケーションです。Javaを初めて学ぶ方がつまづきやすい、基礎知識に関する問題を一問一答形式で解くことができます。
学習項目はそれぞれ10分程度で終わるようになっており、ちょっとしたスキマ時間にさくっとスキルアップできます。

さくっとレッスン-Java-アプリの特徴
シンプルで使いやすい画面 要約された動画で
知識の補完
テスト問題で
自分の分かる箇所/
分からない箇所、を洗い出す
成果が見える
(ランキング、メダル取得)
シンプルで使いやすい画面 要約された動画で
知識の補完
要約された動画で知識の補完 テスト問題で
自分の分かる箇所/
分からない箇所、を洗い出す
テスト問題で自分の分かる箇所/分からない箇所、を洗い出す 成果が見える
(ランキング、メダル取得)
成果が見える(ランキング、メダル取得)成果が見える(ランキング、メダル取得)
着実にスキルを身に付けるための学習構成

1つの学習項目につき、「プレ問題」、「動画」、「本問題」が用意されており、学習効果を高める構成になっています。

プレ
問題
まずは
腕試しにチャレンジ
プレ問題 まずは腕試しにチャレンジ
講義
動画
動画で
Javaの文法を学習
講義動画 動画でJavaの文法を学習
本問
本問題で
知識の定着を確認
本問題 本問題で知識の定着を確認
学習内容
  • 第1章 Java言語の基本文法
  • 第2章 オブジェクト指向プログラミング(基礎編)
  • 第3章 オブジェクト指向プログラミング(応用編)
  • 第4章 例外処理
  • 第5章 便利なAPI
※提供範囲や項目名は今後変更となる可能性があります。
トップに戻る