パートナー様インタビュー

サテライト講習会
サービスの特長
コース一覧
会場一覧
お客様の声
パートナー様募集

人と企業とITをつなぐ!

宮崎県ソフトウェアセンター様

株式会社宮崎県ソフトウェアセンター(以下、宮崎SC)様について


建物外観
聞き手

はじめに、宮崎SC様についてお聞かせください。

重信様

当社は地域ソフト法※1に基づき設立されたソフトウェアセンターの1つです。平成6年に宮崎市佐土原町に設立されました。

聞き手

本日はOA研修が開催されておりますが、どのようなお客様が宮崎SC様をご利用されるのでしょうか。

長友様

宮崎県の企業・団体・自治体・求職者様が主な利用者です。私たちは「人と企業とITをつなぐ」をテーマに掲げており、高度IT研修を中心に、求職者向け研修やOA研修など、幅広く人材育成サービスをご提供しています。求職者研修後、地元の企業に就職されてからも高度IT研修を受けに来られるなど、お客様にも長くご利用いただいています。

サテライト講習会の導入背景について


教室の様子
長友様

富士通ラーニングメディアから提案いただいた際、当社としましてもサテライト講習会には興味がありました。私自身もAndroid研修をサテライト講習会で実際に受講してみて、これなら違和感なく学ぶことができそうだと思いました。

宮崎県内にも東京に研修受講に行く企業様は多々ありました。近くで最新技術を学ぶことができ、交通費宿泊費削減も鑑みると、サテライト講習会導入のメリットは大きいと考えました。導入当初はコース価格について色々とお客様からも意見がありましたが、集合研修と同様の品質(講師と対面)と内容(実習環境)であることでご納得はいただいております。

聞き手

年々ご利用いただくお客様が増えていると聞いています。

重信様

サテライト講習会が、国のキャリア形成助成金※2の承認が得られたことで、お客様の社員育成の選択肢の1つになったことも要因としてあると思います。

長友様

集合研修の場合、その時のトレンドやテーマにもよりますが、人数が集まらないと開催できない可能性があります。サテライト講習会であれば中止リスクは軽減できます。また、さまざまな業種のお客様に活用いただけるのが強みだと思います。

受講者の声、要望

重信様

2016年度からは教材が紙から電子化に切り替わりました。受講者には大きな変化は見られませんが、今後も、提供サービスが変化していくと思います。そのような中でどのようにお客様ニーズにお応えし、品質を維持していくかが課題だと思います。

最後に


人材育成支援をされている社員の皆様
(左から重信様、上本野様、市原様、長友様)
聞き手

サテライト講習会そのものについて、あるいは、これから活用検討されるお客様に向けて一言お願いいたします。

長友様

技術的にもサテライト講習会のようなやり方は、集合研修に近づいてきていると思います。マネジメント系の研修は依然として講師が現場に来て実施することが多いですが、テクノロジに関しては環境が整えばどこでも学べます。学び方も二極化していくかもしれません。

重信様

集合研修と同様の内容で学べるのは大きいところです。地域のお客様の受講機会をいかに作っていくか、その解決手段の1つとしてサテライト講習会はよいと思います。

聞き手

ありがとうございました。

  • 地域ソフト法:
    地域ソフトウェア供給力開発事業推進臨時措置法の略。電子計算機の高度利用の進展に伴いプログラムの供給不足が深刻化するおそれがある状況にかんがみ、ソフトウェア供給力の開発を効果的に図ることができると認められる地域において、プログラム業務従事者の知識及び技能の向上を図る事業その他のソフトウェア供給力開発事業を推進するための措置を講ずることにより、プログラムの安定的な供給を確保し、もって情報化社会の健全な発展に寄与することを目的とする。(法庫「http://www.houko.com/」より引用)
  • キャリア形成助成金:
    労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職業訓練などを段階的かつ体系的に実施する事業主に対して助成される制度です。
    (現在の名称は人材開発支援助成金となります)

サテライト講習会のコースを探す

カテゴリで絞り込む


地区で絞り込む
一覧を見る サテライト講習会を実施している全コースをご覧いただけます

サービスに関するご質問、ご不明な点は、以下フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら