アセスメントシステム活用支援
人材力診断(ITスキル診断)

Knowledge Co-Creating人材力診断コンサルサービス

経済環境が多様化し急速に変化する中、企業において人材育成は経営・ビジネス・競争力強化に必要不可欠な、最重要課題としての認識が高まっております。

本サービスでは、お客様の人材力を診断し、当社が長年にわたり蓄積した“他社”の人材力データとの比較を行います。その結果をもとに、スキル診断結果から見える組織の特徴や問題点を整理し、強化対象人材やスキルなどの立案・評価をご支援します。

サービスの全体像

人材力診断コンサルサービス

サービスのステップ

サービスのステップ


*1 人材力診断は、当社の人材力診断サービス「SkillCompass®」や、スキルアセスメント「GAIT*2」を ツールとして利用します。
*2 GAITは、JTP株式会社が提供するサービスです。

サービスメニュー

サービス名称 SkillCompass® GAIT
ITSS版 iCD版

GAIT2.0

e-GAIT2.0

目的 IT技術者としての実務能力(人材としての総合力)
(ITSS、iCDに基づく経験・実績、スキルのレベル)
を測定
IT技術者の技術力
(ITスキルの基礎力~実践力)
を測定
すべてのビジネスパーソンのITリテラシーを測定
サービス概要 ITスキル標準(ITSS)を参照したスキル診断サービス i コンピテンシ ディクショナリ(iCD)を参照したタスク遂行力診断サービス DXを含む最新IT技術スキルを診断するサービス DXに取り組むために必要なITリテラシーを診断するサービス





診断
範囲
IT技術者に必要となるビジネススキルプロジェクトマネジメントスキルなどを含めて診断
(スキル標準で定義された職種・専門分野など「人材」「役割」を対象に診断)

クラウドをはじめとするITインフラから、 AI・IoT・データ利活用まで、DX時代に必要な技術(20カテゴリ)を診断

診断
対象
若手から中堅、上級レベルまで幅広く診断可能

IT技術者(主に新入社員や若手、中途採用者など)

業務担当者

診断
ロジック
自己評価+テスト(+上司評価)

テストのみ

サービス利用期間
1年間
※診断レポートは、サービス利用開始日より1年間参照可能です。
受験期間:2週間
受験言語
日本語
日本語、英語

ご参考

ITスキル標準(略称ITSS): IT Skill Standard
i コンピテンシ ディクショナリ(略称iCD):i Competency Dictionary
GAIT : Global Assessment of Information Technology

その他、以下のサービスメニューもございます。

分析評価

分析では、診断結果を全社や組織別等で集計し、現状を可視化します。また、他社比較を行い、結果から見える特徴や問題点を整理します。
分析の分析軸や比較対象データは、お客様の要望にあわせて選定しますので、お客様の実情にあった具体的なスキル評価や課題整理が行えます。

報告書の一例(イメージ)

【1. サマリー(総括)】PowerPoint形式 A4 2〜3枚程度

【1. サマリー(総括)】PowerPoint形式 A4 2〜3枚程度

 

【2. 集計データ集】Excel形式

【2. 集計データ集】Excel形式

富士通ラーニングメディアの診断サービス

導入企業様一覧

お問い合わせWebフォームはこちらから